未設定
sarasiru:

yamatak15:
暇つぶし制作で「伯方の塩」。
petapeta:

GNアームズのエクシアは色味が違ったような

petapeta:

GNアームズのエクシアは色味が違ったような

街道沿いのパチンコ屋が出す巨大LED看板、動画流れるし高輝度な赤を使うしで運転時に危険だから規制してほしいんだけど、なんとアレ「警察からのお知らせ」が放映されるんだよね! 警察天下り行政の弊害の象徴やよ。
医学生「僕この前合コンで、やだー酔っちゃったーって言ってきた女の子にアルコールパッチテストしてやったんですよ」
私「!?」
医学生「色変わらなかったですねー、初対面で嘘つく女の子とかほんとwww」
私(医学生こわい)
sonic417:

「歯の見え方について」/「上山道郎」の作品 [pixiv] #pixitail
入院直前、北島さんに託された事。「これで僕が死んだら、北島はラーメンのせいで死んだと言われてしまうだろうけれど、僕の病気とラーメンはまったく関係無いということを、僕が死んだ後に必ず伝えて欲しい。」最後の最後までラーメン愛に溢れた方でした。
(via mikumano3)

「バイラルサイトで儲ける」という情報商材が売られ、誰でもはじめられるキットが3万円。提供業者と推測できる「バイラルは儲かる」というブログがバズり、バカが釣られている。記事は1本150円というスーパーブラック報酬でクラウドワークスでライターを募る。とにかくパクりまくり、他でバズった記事はそのままパクってあたかも自分のサイトがオリジナルのように振る舞う。悪徳の詐欺系情報商材屋がエボラウイルスのように物凄い速度で凄い数の「パクリバイラル」を大量生産しているのではないかと書いたのですが、なんと予感は当たっていた。

火を付けたのはnetgeekっていうバイラルサイト。netgeekが他のクソバイラルメディアと違う9つのポイント ということで、自社は他のクソとは一線を画して真面目にやってるんだと主張されている。確かに1本の記事はかなりの手間を掛けているのが分かる。少なくとも150円では書けなそう。ただそこまで言うなら誰が運用しているのか実名と会社概要くらいは欲しい。「責任持ちたくない」感を出すとメディアの信頼性がガク減りです。バイラル「メディア」を名乗るなら誰がやってるかを明らかにしないと・・。

メディアミックスブログサービス「Tumblr」は、不意に T シャツなどの販売を始めた。以前から変わった企業文化で知られるが、米国 Yahoo! による買収後もその特徴は変わらないようだ。なお、利益は筋萎縮性側索硬化症(ALS)に関する患者支援と治療研究助成を行う ALS Association(ALSA:ALS 協会)に寄付する。


Tumblr は、写真、動画、音声、文章、などを簡単に投稿できるブログであり、かつユーザー同士がつながり、交流できる SNS でもある。「リブログ」という操作で互いの投稿をすばやく共有できる。性表現に寛容で、著作権侵害に甘いと言われる。ユーザー数の多さなどに注目した米国 Yahoo! が買収したが、ある種アナキスティックな姿勢は今のところあまり変化していない。

Tumblr はしかし、災害の被災地に対する支援など、社会貢献に関して素早く行動する一面も持っている。例えばバルカン半島大洪水では、現地の赤十字社などへの寄付方法をポスターにまとめ、リブログで拡散するようユーザーに呼びかけた。

今回 ALS への寄付のために販売しているのは、Tumblr のロゴをあしらったTシャツやバッグ、エナメルピンにトートバッグなど。価格は18ドル~25ドル程度。決済方法は、American Express、VISA、MasterCard、Discover ブランドのクレジットカード。または PayPal。驚くべきことに世界から注文を受け付けるとしており、米国の郵便サービス(USPS)を使って有料で発送するという。さらにクーリングオフ期間も14日間(米国外向けには30日間)用意している。

この物販サービスは「Tumblr Merch」という名称。なお商品一覧の画面で、Tシャツなどと一緒になぜかおいしそうなタコスも並んでいるが、そちらは非売品とのこと。