未設定

営業は編集側に(これ以上)振り回されたくないという意識が常にあり、自分の仕事を積極的に増やそうとはしない。予約管理と処理はそれなりに神経を使う仕事だから。

著者や編集者は自分の作った本だけに目を向け、その本にできるだけ力を入れようとするが、一方で出版社が持つ数百のタイトルを日々相手にする営業・在庫管理側の人間はある本だけに労力をとられないようする。彼らは毎日やってくる処理を円滑にすすめる義務を背負っている。この非対称性が部門間連携の根本的な妨げになっており、加えて編集者が常に頂点に立つ士農工商的なヒエラルキーに対する営業側の潜在的な感情も原因なのだが、ここでは深く触れられない。

私たちは、つらい状況におちいったとき、ひたすらそのことに苦しみ、我慢し、歯を食いしばって耐える。そうすることで私たちは、「被害者」のようなものになっていく。

あるいはまた、私たちは、正面から闘い、異議申し立てをおこない、あらゆる手段に訴えて、なんとかその状況を覆そうとする。そのとき私たちは、「抵抗者」になっている。

しかし私たちは、そうしたいくつかの選択肢から逃れることもできる。どうしても逃れられない運命のただ中でふと漏らされる、不謹慎な笑いは、人間の自由というものの、ひとつの象徴的なあらわれである。そしてそういう自由は、被害者の苦しみのなかにも、抵抗する者の勇気ある闘いのなかにも存在する。

お洒落の【洒】は【酒】じゃない。

明治神宫の【宫】は【宮】じゃない。

進捗の【捗】のつくりは【歩】じゃない。

#間違いやすい漢字

勤勉で緻密な性格は日本人の優れた特質だが、小さなミスを責め立てる一方で、大きなミスに対しては“仕方ない”とあきらめてしまうことも多い。小事にこだわり、大事を見過ごしたり大切にしなかったり諦めたりするのは日本人の大きな欠点のように思う。
昨日から、近所の四歳の男の子を預かっている。お母さんが命に関わらない病気で入院中で、お父さんがこの土日だけどうしても仕事に行かなくてはいけないので。
昨日遊びに連れてく車の中で、彼に「保育園に好きな女の子とかいる?」と聞いたら

「うーん。ハナちゃんはお顔が可愛いけど、言葉遣いが汚いからイヤ。
ミユちゃんもお顔が可愛いけど、ご飯の食べ方が汚いからダメ。
キラちゃんはお顔が可愛いけど、わがままだからイヤ。
ミサちゃんがいいなあ。ミサちゃんは言葉遣いが綺麗でご飯の食べ方もお上手だし、優しいから。
マー君達はミサちゃん可愛くないって言うけど、僕はミサちゃんが一番可愛いと思う」

と語られた。
四歳のくせになかなか見る目あるな……と思ってたら、その後
「それにミサちゃんのお母さんね、みんなのお母さん達の中で一番おっぱい大きいんだ!
きっとミサちゃんもおっぱい大きい女の人になるよね!
僕お母さんみたいなペッタンコじゃなくて、おっぱい大きい人がいいから!」
と高らかに宣言されて、運転しながら「結局おっぱいかい!」と爆笑してしまった。
aki373:

ゴウタさんはTwitterを使っています: “改二に向けて演習でレベリング中の初春。(妙高提督さんマジごめんなさい) #艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負 http://t.co/TVPZuhBCjX”
brster:

「艦これ漫画のまとめ」/「福岡太朗」の漫画 [pixiv]
man-nona:

「ついった艦これまとめ」/「たるひ」のイラスト [pixiv]
yoshizzz:

面白いしめ縄 (奥澤神社)

yoshizzz:

面白いしめ縄 (奥澤神社)

男の勃起は別に興奮してるからばかりではない。
眠気みたいに体温が上昇し始める時なんかにも簡単にたってしまう。
だから合コンなんかで男性が勃起してるのに気づいたら「この人下ヤラシイ!」じゃなくて自分達の話が面白くなくて眠いんだと思った方がいい。
Twitter / otoko_baka_ (via yellowblog)

話が面白い場合その相手は本質的には女性ではないと考えている